FC2ブログ

高島の紹介 

178_7873.jpg

2015-04-11_MG_0256.jpg

長崎市高島町は長崎港から高速船で35分の高島をはじめ、端島(通称 軍艦島)、中ノ島、飛島の4つの島からなり、有人島は高島だけ。町の面積は、4つの島を合わせて、1.34平方キロメートル、合併前は、日本で一番小さな町でした。

高島炭鉱は1868年(慶応4年)に、トーマス・グラバー氏が本格的に炭鉱開発を始め、最盛期の1966年(昭和41年)には、年間153 万9500トンの最高出炭量を記録。このころには、約18.000人が住み、高層アパートが建ち並んでいました。特に端島は、面積 6.3haほどの小さな島に、5000人を超える人が生活しており、端島の人口密度は世界一といわれていました。
現在の高島の人口、747人(平成19年2月1日)。
2008年6月のテレビ放送によると、600人余りということです。
2015年4月のパンフレットには、人口420とあります。

1974年(昭和49年)1月15日、端島が閉山し、同年4月20日に端島は無人島に。
1986年(昭和61年)11月27日、高島炭坑も閉山。
1997年(平成9年)7月、「飛島磯釣り公園」と「人工海水浴場」がオープン。
その後「高島町海水温浴施設アイランド・テラピーいやしの湯」、「高島町ふれあい多目的運動公園」がオープン、多くの方に楽しんでいただける島へとなっています。

高島行政センター広報紙
残念ながら、2007年4月で発行終了してます。
2011年に復活発行してました。
現在は「高島行政センターだより」になっています。

サイト名について

ブログを始めた時は「石炭の島だった」と言うブログタイトルだったんですが、なんだか過去形のような感じがしてたので、変更したいと思っていました。
9月中旬の午後、港で帰りの船を待っている時に、気持ちの良い風が吹いてきて、外の海を見るとキラキラと、爽やかな夏の余韻を感じました。「ああ、これがこの島の光と風だよな」と、タイトル名に戴きました。

http://akanecafe.jimdo.com/
http://www.facebook.com/takakura.osamu
twitter =akanecafe2010
mixi =1782447

このブログ内の写真等を無断使用することは固くお断り致します。使用されたい方はご連絡ください。

緑ヶ丘 

2018-09-16_IMG_7371.jpg

緑ヶ丘33号アパートの敷地跡です。
アパート群のはっきりとした建設日時は不明ですが、昭和35年8月1日にそれまで山手B地区と称していた29号から35号のアパート群を緑ヶ丘として発足したそうです。


元小学校付近 

2018-09-16_IMG_7474.jpg

2018-09-16_IMG_7475.jpg

2018-09-16_IMG_7482.jpg

体育館は使用はされてませんでした。プールも長い事この状態です。
マンモスアパートも住んでいる人は居ないような感じでした。
そのうち取り壊されるのでしょうね。

小島付近 

2018-09-16_IMG_7425.jpg

2018-09-16_IMG_7427.jpg

2018-09-16_IMG_7431.jpg

このプールで泳いだことはありませんが、撤去されて更地になってました。
枯れてるような松の木が目立っています。害虫でしょかね。

運動会 

2018-09-16_IMG_7369.jpg

2018-09-16_IMG_7331.jpg

2018-09-16_IMG_7368.jpg

2018-09-16_IMG_7366.jpg

2018-09-16_IMG_7375.jpg

運動会は毎年行くようにしてますが、小中学校グラウンドまで歩いてい行くのは、ちょっとしんどい歳になって来ました。
定番の「炭坑節」を聞いた後、島内を散策の為、途中退場。

海底水道完成式典 

1956-08-01.jpg

1956-08-08.jpg

1956-08-098.jpg

1956-08-13.jpg

昭和32年10月13日、協和会館において、500余名の来賓、工事関係者が出席して竣工式が挙行された。
打ち上げ花火を合図に開栓すると、町長の持つホースより勢い良く水が飛び出し、期せずしてバンザイの声が沸き起こった。(高島町の歴史より)

四枚目の写真は、小学校講堂側に建立された海底水道敷設記念碑。

小島の風景 

19560814.jpg

高島の古い写真を頂きました。
昭和31、32年頃と思われます。
蛎瀬地区、本町地区のアパート群がまだ建設されていません。

懐かしいですね。