わたしは高島が好きです 



私は高島が好きです
閉山-長崎県高島町立高島小学校の教師と子どもの記録-
高島教師の会 編
教育史料出版会 1989年出版

1985年4月24日、春の一年生歓迎遠足の日に閉山の引き金となった「爆発事故」が発生。
閉山によって、別れを余儀なくされた子ども達と教師達の苦悩と悲しみ、それを乗り越えて行こうとする記録。

コメント

この本は手に入れられますか?私はあの事故があった日、出勤していました。同級生がUターンで戻ってきて探鉱で働き出してすぐ、この事故で亡くなりました。その日は歓迎遠足の日だったんですか。知りませんでした。

炭鉱の字が間違っていました。すいません。私ごとですが、我が子もこの春初めての転校をします。転校先での子ども達に幸あれと思います。

私は最近古書で入手しました。
通販では売られているようです。書店に問い合わせてみては、いかがでしょうか。まだ購入出来ると思います。
今さらながら、自分たちの父親が大変な仕事をしていたんだと、思い知らされます。
事故に遭われて方々のご冥福を祈ります。

転勤、引っ越しで忙しいことでしょう。
あちらでも元気に過ごされてますよう、祈っています。

早速インターネットで見つけ!古書を注文しました。するともうお返事があってびっくり!以前掲示板にあった高島の写真集は手に入れられなかったけれど、こちらは簡単に注文できてびっくりしました。何事もやって見ないとね。昨日高島の夢を見てしまいました。引越し前に行っておこうかナーと気にかかっています。

素早いですね。便利になりましたよね。
これから暖かくなってきますし、帰省してみるのも良いかも。

この表紙の子、光町でウチの隣に住んでてよく遊んでたからビックリしました~!!と、言うわけで私もこの本探したけど…見つかりませんでした(ガックリ…)

懐かしいでしょうね。新刊はないかもしれませんが、中古本では入手可能だと思います。

この本、よく調べたらAMAZONで普通に注文できました(やった!)新品も中古も取り扱っているようでした。届くのが今から楽しみです。

良かったです。当時の状況が良く理解出来ました。

私も早速 購入して読ませてもらいました
激動期を過ごされた方々の思いを考えると 何とも言葉が出ませんが…
多くの人々が、高島を故郷だと思いながら 生きているんでしょうね
「地底の炎は消えた」は 何処を探しても見つかりません。

当時の子供らにとっては懐かしい記録、記憶になっているでしょうね。社会に出ても、高島ですごしたことを思い出に頑張っていることでしょう。
「地底の炎は消えた」は体裁を変えて、再発行されていたように記憶しています。随分、前になりますか? どちらにしても4673中古本で出回るのを待つしかないでしょうかね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/133-c359f27a