社宅 



テニスコート近くの尾浜?社宅。

197508_12_02.jpg

光町社宅。
今見ると、尾浜の方がちょっと高級そうに見えますが、職員社宅だったのでしょうか。

コメント

テニスコートそばの社宅に知り合いがいましたが、役場勤めでしたよ。

かわら

いらかの波と雲の波~♪
鯉のぼりのシーズンは絵になるほどの瓦屋根ですね。

町営もあったんでしょうか?
三菱の職員だけかと思ってました。

高島の木造社宅は日吉岡や光町など計画的に建設されていて、瓦屋根が整然と並んでいました。

昭和46~48年頃、台風で日吉岡の木造社宅の屋根が飛んだ、被害が有りましたね!台風9号…だった気がします。台風が来ると、何だか、ワクワクしました…子供心ですね!

台風9号の被害覚えています。昭和46年だったと思いますよ。
日吉岡の木造社宅、確かバス道路向かいの岬側に建っていた2棟が吹き飛ばされ、その跡に鉄筋のAPが建ったはずです。
その日、夕方テレビで「モーレツア太郎」を見ていたらいきなり停電し、そのまま暗くなって心細かったのを覚えています。こんな時に限って親父はいませんでした。
私がいた蛎瀬14号も、階段の窓の鉄枠が曲がったり、ガラスが割れたり、近くの電線が切れて垂れ下がっていたりといった被害がありました。

昭和46年は長崎市内に居たので、台風は知りません。4、5才くらいの頃、木造社宅に住んでいた頃、大きな台風が来て、蛎瀬1か2号アパートに避難した覚えがあります。蛎瀬の堤防を超える波が打ち上がっていました。

台風になると雨戸を閉めて家にこもっていましたが、どうしても外の様子が見たかった妹が、トイレの窓を開けると、窓が落ちてしまって大目玉を食らっていました。

確かに、蠣瀬の堤防の所の波はすごかったです!

台風が来ると、昼から帰宅したりで、チョットうれしい思いも。そういう時に限って、それてくれたりして、遊びに出ていました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/216-105fc8df