蛎瀬街道 



お湯の蒸気を送る管が島独特の風景でした。
所々に蒸気の出る弁みたいな場所があり、一斗缶などが置いてありましたが、子どもの頃は「シュー」とか「ジョー」とか湯煙が出るのが、怖くて近寄れませんでした。

コメント

そうそう、熱湯が出てましたよね。
音まで思い出しますよ。
うちの母などは、夏の行水なんかに汲みに行ってたんじゃないかな?
山手市場の上のアパート(23号?)の左側にありました。

子供の頃、不思議なパイプでした。
お風呂は、蒸気で沸かす!凄い知恵ですよね!
あの!ゴボゴボ…怖かったですね!
蛎瀬街道には、昔、トロッコの線路がありましたよね!
この先、車の整備工場・消防署、そして、親和寮…レーダー取締りを、消防署の前で、やってましたよね!

蛎瀬街道の2本のパイプのうち1本はガス管です。蛎瀬竪坑の横にブロワー室があって、このブロワーで坑内のガス抜きボーリングのガスを吸いだしていました。行き先は発電所で自家発電の補助燃料として使ってました。
働き出してすぐの頃、ガス管の繋ぎ目が漏れてないか調べて来いと言われて
石鹸水の入ったバケツ片手に1日がかりで何とか調べ終わりました。
僅かに3ヵ所ほど漏れていて、そこに赤ペンキで大きく「ガス漏れ中」と書いたら翌日に所長じきじきに呼び出されて、すんごく怒られました。
すごく懐かしいです~!

トロッコの線路は知りませんでした。

ガス漏れの調べ方は、規模は違えども、自転車のパンク修理と同じでってことがわかりました。
でも、M所長が叱ったら怖そうです。

私がこの道で覚えているのは、夏の蝉のうるさかったことと、ミミズのカラカラになったのが足の踏み場もないくらいで、気持ち悪かったこと。

トロッコの線路は覚えています。もう使われていませんでしたが、トロッコも放置されていた様な覚えも。
レーダー取り締まりは私が島を離れた後でしょうかね。高島でもやっていたとは。

ガス管のことは知りませんでした。捨てるよりは有効利用してたんですね。

 ひーちゃん、山手の夏の朝も蝉のうるさかった事憶えていますか?
嫌でも、朝目が覚めたよね!!
 山手のプールに入る階段の横に、熱湯が出るところありました。
冬とか、家事に使うのに汲みに行かされました。子供心に、あれって上の風呂場の汚いお湯なのだろうか??って、思っていました。

高島の夏…確かに「セミ」の声で、朝、目が覚めました!
レーダー取り締まりは、消防署前、一車線で、上りも下りも、やってました。百万の友人が、2番方の出勤中に捕まり、怒って、進発所まで行って、休み、帰りにまた、捕まって、「おたくは、2度目だから、もう帰っていい」と、レーダーで、見逃す?ウソのような、本当の話が、あります!

マーさん、プールのところにもあったっけ?覚えてないです。
お湯汲みに、、、といっても実際は溜まるのを待つって感じじゃなかったんですか?怖くなかった?

夏はマーさん高島に帰れそう?

お湯はどうやって汲んでいたかが(ーー;)
記憶喪失~
7月位から時間はたっぷりあるんだけれど、主人も同伴って事になるかも~
ひーちゃんも他の方達も、高島来る時って一人なのかな?それだと主人がかわいそうかな~なんて、迷ってるところなのです。
ひーちゃんも是非、御主人子供さん同伴で来て~
それなら、私も行きやすいのですが!!


まーさん、メールしますね。

 思い出しました~
この道は私がまだ幼かった頃
夜中に高熱出してか?母に負んぶされて
病院に連れて行かれた事もありました。
 遠足の帰りにオシッコしたくなって、
道端でお尻丸出しでやっちゃた事もあります(-_-;)
たぶん小4?恥ずかしかったのか、何ともなかったのか、微妙な年頃??

そりゃ、切羽詰まって。。。。
山で遊んでいる時は男子は立ちションは当たり前の様にしていました。

蛎瀬街道は長崎に行って、最終便で高島に戻った時に家のある本町までよく歩きました。月夜に照らされた端島が見えたり、潮の音や蒸気の吹き出る音が聞こえる中を速足で。中学高校当時、本町の自宅から桟橋や光町に行く場合、昼間は金松寺から階段を下って、仲山・尾浜を抜けて、夜は蛎瀬街道でした。バスは沢山荷物がある時以外乗ることは無かったです。

>やすさん

以前は自分の足で歩くことがほとんどでした。同じような感じです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/238-2d6edbe2