蛎瀬アパート 



蛎瀬事業所から見上げています。

追記
このアパート群は山手地区のものです。
ナオキさんからご指摘がありました。
>真正面に山手18号 右 詰所の奥が19号 向かって左は22号じゃないですか?

蛎瀬のアパート群は写っていませんが、左側になりますね。何分、記憶が薄れてきています。


コメント

真正面に山手18号 右 詰所の奥が19号 向かって左は22号じゃないですか?
子供の頃 散々、遊んだ場所です。帰宅はサイレンの音が頼りでしたょね。

>ナオキさん
あ、そうですね。写した場所が蛎瀬事業所の付近だったんで、蛎瀬アパート群と勘違いしました。ありがとうございます。

サイレンは6時でしたかね。ワタシも
それを合図にしていました。

夏休みのお昼時?

18号アパートの実家が写っています。

手前の建物の影が短いので、お昼時分でしょうか。私の家は部屋の窓が開いているから在宅中です。こちらから見て奥の四畳半の部屋で、昼ごはんを食べている最中かもしれませんね。二番方に出勤前の父も、食卓についていたかもしれない。そんな小学6年生の夏休みの情景を、ありありと思い出します。

サイレンの時刻は、私も記憶があいまいです。夕方は4時だったか、5時だったか。低学年の頃は、「夕方のサイレンが鳴ったら、すぐ帰ってこんねよ!」と、母親から厳命されていました。

>tacoさん

確かに8月の撮影ですから、夏休みでしたね。帰省して島をうろついた時の写真です。
ウチは共稼ぎだったので、祖母が用意

今、サイレンの音を聴くと、「なんだろ?」と、なりますが、当時は炭坑の仕事や子供たちの帰宅の合図として、生活の中に入っていました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/252-09601034