三菱高島クラブ 



三菱造船所史料館にあった「三菱高島クラブ」の油絵。
高島の象徴的建築物として親しまれ、三菱高島炭鉱における迎賓館、また、職員の交流の場として明治33年に着工、翌34年5月に竣工した木造2階建ての洋風建築。
六角形の玄関は、当時の長崎炭砿社(長崎駐在所)の建物の一部を移築したもの、あるいは高島小島地区にあったT.B.グラバーの別荘の一部を移築したものと言われています。

小学生の頃、入り込んで虫を捕ったりして遊んでいました。スケッチの素材として描いたこともあります。いつ頃、解体されたのでしょうか。
写真が見当たらないのが残念。どなたか、お持ちじゃないでしょうか。

163_6315.jpg

石炭資料館に模型がありました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/28-80328873