夕日を浴びて 



このカテゴリーを始めるときに最後はこの写真で締めたいと思ってた一枚です。多分幼馴染みか同級生か?

二週間くらいの撮影でした。作品にまとめたいと考えてましたが、翌年は帰れず、ホッタラカシの状態で、紛失したものもあるようです。
今、見直すと、稚拙ですが、当時の勢いは感じることが出来ました。ブログ用に簡易なスキャンで終わっていますが、いつかはキチンとプリントして一冊の作品にしたいと思っています。
これからもこの島を撮り続けていきます。

私は古い写真を焼失して、ホトンド持っていません。古い写真をお持ちの方でブログに掲載しても差し支えない方がいらっしゃってたら、提供をお願いします。

コメント

おさむさんが撮影した写真は、人の表情が素晴らく表れていると思います。
また、作品にまとめたいと有りますが、かなりの腕前のようですね。

人物画は知りませんが、風景画でしたら、絵葉書や図書館等に多くの画像が残っていると思います。

これからも高島の撮影、頑張って下さい。

1975年8月シリーズは終わりですか。
寂しいですね。
いつかは終わりがくるに決まっているのに、
なんだか永遠にあるような気持ちになっていました。
高島の写真、これからも撮り続けてくださいね。
遠く離れた故郷を思う私達の為にも。

超問さん、ひーちゃん、ありがとうございます。
知り合いにも声を掛けて探してみます。
写真はその時を永遠に保っていると思います。見てもらえて嬉しいです。

夕日を浴びてをみて何だか離れ離れになった同級生を想い涙しました。貴重な写真ありがとうございます。

懐かしい大切な時、思い出を、有難う御座いました。私も当時の写真を探してみます。

>床波さん、やまさん
ありがとうございます。
こんなホッタラカシの写真で、皆さんの思い出のお役に立てて、嬉しいです。
戻れることのない時間ですが、皆さんの高島はずーっと存在していくことでしょう。

ありがとうございました

最後?の写真の後ろ姿の女の子,1975年当時,私の奥様は19歳で鉱業所経理課に勤務しておりました。私はまだ大学生でした。若くて(当たり前か)可愛かった当時の奥様のイメージと重なり心に染みるものがあります。
昔の写真,押し入れから引っ張り出して探します。ぜひ提供させていただきます。本当に懐かしい写真ありがとうございました。

>長崎の高島人さん
懐かしい想い出と重なることが出来て、良かったです。
写真は差し支えのないもので構いません。スキャンするかデジカメで複写したものをメールで送ってもらえれば助かります。よろしくお願いします。

本当に懐かしい写真を見せて頂き有り難うございました。
高島に住んでた人には涙が出るくらい懐かしい、思い出深い写真ばかりでした。何気ない写真も時代が経つと換えがたい大切な宝、そして時代の証言になるんだなぁとつくづく感じました。
  • [2006/11/26 13:08]
  • URL |
  • 端島支所下っぱ用務員
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

高島にように時代によって大きく変化して来た土地は写真が残ってないと、理解しにくいですね。様々な写真が本当に宝になってきています。

高校を卒業し高島を出てもう30年が過ぎました。最近端島がマスコミに出て、高島で暮らした時のことを思いだすようになりました。ふとしたことでこのブログを発見して数々の写真を見ていくうちに消えかけた記憶が鮮明によみがえったのです。多感な頃に見たもの聞いたことは何年たっても覚えてるものなんですね。本町の祖父母が亡くなって高島に帰る家はもうありませんが、近いうちに必ず高島の土を踏むつもりです。ありがとうございます。

>やすさん

たくさんのコメント、ありがとうございます。後ほど、各記事に返信します。
生まれ育った所ですから、いつでも島は歓迎してくれると思います。

いゃ~懐かしさのあまり沢山メールしてすみませでした。高島は夏が似合いますね。青空、セミの声、夕焼け、教会の鐘。都会には無いものが沢山ありました。

>やすさん

ここはそういうブログですから、大歓迎ですよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/380-39e701ca