3月16日 

大正元年(1912)
二子坑、坑底に人車の運転を開始

昭和7年(1932)
二子坑で、ガス・炭塵爆発が起こり、死者12人
10時、二子坑第一区目貫で、信号用開閉器の取り扱いを誤り、火花より引火ガス爆発、死亡12人、重傷21人の大惨事となる。20日、合同葬が執り行われる。

昭和45年(1970)
塵芥焼却場完成
火葬場上、中腹道路側に、総事業費27,579千円(うち国庫4,091千円、起債17,900千円)でバッチ焼却方式処理能力1日当たり15トンの焼却場が完成、本日町長の手により火入れ式が行われた。

昭和60年(1985)
倉田周一画伯(絵画)、末次直夫(七宝)の合同展示会が福祉会館で開催される

平成2年(1990)
旧職員クラブを解体
8日に三菱本社より取り壊しの許可が降り、15~16日取壊された。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/387-d922d660