3月26日 

明治43年(1910)
夕顔丸遭難する
14時30分頃、百間海岸で帆船3隻難船の知らせに救助に向かうが、激浪に夕顔丸自体を舵を取られ座礁、船底の半ばを礫石中に突っ込み、翌日の船により無事引き降ろされ帰港する。

昭和10年(1935)
端島坑で、ガス爆発事故が起こり、多数の死傷者
21時30分頃、爆発が起こり幹部全員現場に赴き密閉作業に従事中、第二回の爆発があり、小川坑長以下25名殉職。20数名の負傷者が出る。

昭和47年(1972)
高島町第1回社会教育大会開催
1日目の26日10時にテープカット後意見発表、2日目は作品展示と映写会を開催。

昭和51年(1976)
青少年問題協議会を結成

平成4年(1992)
町の育苗ビニールハウスで育てた、花苗を各地区に配布
花一杯のふるさとづくりとして、育苗されたいた初めての花苗(8種類)が各地区に配布され、町民総出で植え付けられる。

平成12年(2000)
高島2000座ー桜吹雪の演芸会開催
ふれあいセンターで、高島町ふれあい文化祭として、長崎の各種グループによる「津軽三味線・江戸芸、大江戸玉すだれ、新国舞踊・琉球舞踊」や歌などが披露され、300名余の観客から大拍手が起きた。

長崎カピタン会員島内史跡巡りに来町
長崎市小曽根、船のホテル(旧青函連絡船、大雪丸)の船長を含む船愛好会員12名が来町し、夕顔丸の話に耳を傾け、島内史跡巡り、ちょうど開催のふれあい文化祭を見て帰崎。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/390-c9a35282