3月31日 

明治14年(1881)
高島炭坑が三菱(岩崎弥太郎)に譲渡される
3月1日、譲渡契約書が後藤象二郎と岩崎弥太郎との間に締結され、3月31日「高島炭坑売渡証書」が渡され、「後藤象二郎稼行スルトコロノ高島炭坑ノ権義一切ヲ譲受ケ象二郎ノ負債消去並ニ営業諸勘定ヲ処理ス。総額971,675円25銭」これにて譲渡完了。後藤は弥太郎に書簡を送り「数年之困苦一時ニ洗除シ心持ニテ、昨夜来快然之至ニ御座候」と記している。

昭和26年(1951)
高島港、南防波堤完成
23年9月に着工し、事業費9千万円で150mの防波堤が完成。

昭和31年(1956)
高島中学校の4教室が完成
総事業費4,261千円(うち国庫1.563千円、起債1,200千円)で、木造2階建て、面積297㎡の普通教室4室が完成。

昭和36年(1961)
町長公舎完成
本町に総事業費1,392千円で木造平屋瓦葺1棟、面積115.7㎡の公舎完成。

昭和42年(1967)
第1老人クラブ集会所完成
旧尾浜武道場の上に、面積73.10㎡、木造平屋建、総事業費1,350千円。

昭和43年(1968)
北郵便局が完成
緑ヶ丘登り口に、面積75.6㎡、ブロック造平屋建、総事業費3,610千円で町が建設し、郵政省に貸与。

昭和46年(1971)
南風泊港の物揚場完成
小島プール前埋立地に、総事業費15,130千円(うち県費2,225千円)、延長30m、水深2mの物揚場が完成。

昭和49年(1974)
本町集会場が完成
教会の上に、総事業費3,437千円で木造モルタル平家建、面積212㎡の集会所を建設。

昭和51年(1976)
文化財保護審議会を設置
文化財の保存および活用に関する事項を調査研究し、必要事項を教育委員会に建議することを目的に設置。委員は5人以内、任期は2年。

昭和52年(1977)
町選挙管理委員会が、第34回衆議院議員選挙の業績により、都府県選挙管理委員会連合会表彰を受賞

昭和53年(1978)
高島中学校の運動場の整備および玄関前緑化事業が完成
総事業費17,135千円で、52年11月に着手し、運動場の整備及び玄関前緑化事業が完成。

昭和54年(1979)
庁舎増改築を施工
庁舎内の倉庫解体跡地(郵便局側)に、予算額17,421千円で、木造モルタル22階建、面積163㎡で増改築。1階は、書類倉庫と印刷室、2階は、町長室と議員控室。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/399-55122a23