3月3日 

昭和35年(1960)
小学校戦後初めての学芸会
6年生を主体とした学芸会を、お別れ会の名目で本年初めて実施。

昭和44年(1969)
耳鼻科診療開始
毎週3回(月・水・金)。長年耳鼻科は無医町だったが、大学病院より応援医師の派遣で診療を開始。

昭和51年(1976)
高島小学校創立百周年記念祭を開催
1日記念行事として、小学生の持久走大会。
3日9時30分より校内参観、10時15分より祝賀式典、11時40分より「少年の像」の除幕式、11時50分より県警ブラスバンド演奏会、13時より勤労福祉会館で祝宴。「少年の像」建立総事業費89万6千円(町補助金50万円、砿業所3万円、PTA5万円、一般寄付31.6万円)。

昭和61年(1986)
石炭産業存続高島町民総決起大会を開催
高島町「高島を守る推進会議」主催で、福祉会館に約1,000人が参加し、野呂石炭労協会長・橋本炭労委員長・倉成正衆議院議員・自民党石特委員などの来賓を迎え、星野町長が議長となり開催。

平成8年(1996)
光町Aアパート中、一宅全焼
石油ストーブの油入れ替え中に引火、消防団が駆け付けた時は既に火は全部屋に回り全焼。

平成12年(2000)
上二子の浄化センターが完成し、通水式を実施
11年2月10日に起工式を行い、年内に完成。本年1月1日より供用ガ開始されていたもので、この完成で、高島長全域ほぼ下水道が完備された。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/416-cf578968