4月11日 

昭和23年(1948)
新組合初の総会が開催されるが、決定事項に旧第二組合反発
新組合発足前の問題で、3月26日の組合員の暴力事件並びに某組合員の履歴詐称で会社より解雇申渡しがあり、この首切り反対闘争が決定されたことに、旧第二組合は反発。

昭和27年(1952)
高島消防団、火災予防功績により、県消防協会表彰を受賞

昭和30年(1955)
坑内落盤で5名が殉職
七卸右四片下層払で、21時ころ落盤があり、7名生埋めとなり直ちに4交替での懸命の救出作業が行われたが、戦後初めての採炭払における5名の犠牲者が出、14日所葬を行う。

昭和41年(1966)
出炭13万屯突破
3月の出炭が13万3,400トンと開坑以来の新記録で、記念品として、三彩焼茶器セットを従業員に支給。カロリー最高7,760
カロリー、最低4,000カロリー、平均6,400カロリー。

平成5年(1993)
高島「扇寿会」と長崎中山流民舞グループとの親睦民舞発表会を開催

平成7年(1995)
ヒラメ稚魚、1万8千匹放流
シーテックスでふ化された、体長5cmのヒラメの稚魚を放流。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/439-96fd49a3