4月29日 

昭和23年(1948)
長崎軍政府労務官、従業員に講演
デカロフ大尉が来町し、18時30分より協和会館で「炭鉱労務者の手腕が直接生産を振興し、又は輸出産業の拡張により、国民生活必需物資獲得の基礎となる。…組合を自主的に運営すること。」と講演。

昭和50年(1975)
砿業所が合理化案を組合に提案
新操業体制に伴う人員削減(500名南夕張に配転)と賃金の是正、炭鉱外の各種適正化を提案。

昭和59年(1984)
三菱高島労組OB会が結成され総会を開催

平成11年(1999)
中山流、高島・長崎会員交流親睦舞踏発表会を開催
長崎会場と交互に開催の交流会を、今年は高島ふれあいセンターで13時より14時30分まで開催。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/452-026397a6