5月20日 

昭和53年(1978)
海底送水管敷設替工事完了
46年4月に調査費13,700千円で、第1回の海底送水管の維持保全に関する調査を実施し、その結果、耐用年数5~10年と推定された。51年1月に調査費11,760千円で、第2回の実施し、その結果既設管の老朽化による危険性が認められた。この2回の調査の結果、敷設管が計画され、総事業費605,565千円(うち国庫補助141,571千円・起債251,100千円・過疎債35,300千円・負債161,181千円・出資金51,713千円)で、53年1月に着工し、直径20cmのポリエチレン管(一重鉄線鎧装)で、18日に1本目を敷設し、20日2本目を敷設し完了。

平成2年(1990)
第41回全国植樹祭に参加
高島町より、議員・各界代表31名、国見町百花台会場の式典に参列、町の木あこうを植樹。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/476-3f14c777