7月1日 

昭和25年(1950)
安全週間が全国鉱山保安週間に改称

三菱鉱業KK、金属部門を分離

経済力集中排除法により、金属部門を分離して、太平鉱業(のちの三菱金属)株式会社とする。

昭和27年(1952)
珪肺協定成立
5月29日より三長連は、九州事務局と交渉をもつが、公傷患者と珪肺患者との差別待遇は出来ないとの会社の強硬な態度に組合側は、7月1日24時間ストを通告、同日1時妥結し協定が成立するが、この時点で高島では50名余の該当者を確認。

昭和29年(1954)
光町市場が完成
終戦後の混乱時に生まれた自由市場が衛生モデル町としての美観の店から、これを整理縮小し18戸のマーケットが新設され開店し、向地(高浜村・蚊焼村方面)の野菜市場も上屋式の建物が7月末に完成。

昭和35年(1960)
町議会事務局を設置
議会事務局長1名、書記1名を設置。

昭和46年(1971)
物価対策審議会を設置

消費物資の流通改善対策や消費者保護に関する調査審議を目的に設置。委員は7名以内で任期は2年。

昭和48年(1973)
第1回職場対抗ボーリング大会を開催
砿業所長杯・労働組合長杯が設けられ、70チーム参加で盛大に行われ、助手会が初優勝。

昭和49年(1974)
災害弔慰金の支給及び災害援護資金の貸付制度を実施

昭和57年(1982)
砿業所は坑夫外の定年延長者に技術指導料を支給


昭和60年(1985)
会社緊急経営改善抜本策を実行
会社は生き残り策として、4月5日に緊急経営改善抜本策を組合に提案し、早期妥結を目指して連日交渉を行っていたが、4月24日の大災害発生に伴い交渉を中断。事態の収拾をまって6月から再開し6月26日妥結し、7月1日より実施に移ったが、主な内容は、
4払・10組体制・75万t/年→3払・9組体制・68万t/年。
賃金の是正(基準内賃金1方当り262円減額)。
厚生福利取扱の改定(プロパン補助・電気・水道・社宅料の自己負担)。

町、行政改革推進委員会を設置
会長(砿業所)・副会長(労組職祖)・建設協力金・漁協・商工会の各代表6名によって構成。10月9日に答申。

平成元年(1989)
(株)シンコー物産(食品加工会社)開所式を挙行
昭和63年11月24日、日吉岡に立地、操業準備中のところ、操業を開始することになり、従業員36名で開所式を行う。

平成3年(1991)
グリーンファームで西瓜を販売
(株)高島グリーンファームで、トマト栽培の農閑期対策として、西瓜を試験栽培のところ、糖度9の上品質の西瓜700個が収穫でき、一般に販売、市価よりも安く喜ばれる。

平成6年(1994)
「防犯たかしま」大浦所管内の広報コンクールに1位入賞
管内16派出所の広報コンクールで、高島派出所(秋田一夫所長)作品「防犯たかしま」が見事1位に入賞。

平成7年(1995)
「高島文化史」の改訂版を発行
昭和23年町制施行記念として発行された「高島文化史」の在庫が無く、再発行の声があり、今回判を大きくし、一部追録をして改訂版を発行し、1部 町民500円、町外2,000円で販売。

平成11年(1999)
ふれあいキャンプ場オープン
商工会により、海水浴場とキャンプ場オープン安全祈願祭が行われた。

「大ちゃんの釣りに行こう!」一行がロケ
福岡方面で放映のテレビ番組の、大ちゃんこと岡田大輔さんとリョービのフィールドテスター柴原啓二さんが来町され、飛島磯釣り公園でロケが行われた。

平成12年(2000)
海水浴場開き・安全祈願祭を開催
商工会主催、神社氏子総代会協力で実施、終了後小学生のヒラメの稚魚放流が海水浴場で行われた。

「UMIBOUZ IN 高島」PR用ビラ配りを実施
長崎市浜の町で、15日にも行われた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goheita.blog6.fc2.com/tb.php/522-ea68d3f0